2017-01-13のニュース

2017-01-02のニュース

映画「劇場版 艦これ」鑑賞

「艦これ」TVアニメの放送が2015年1月~2015年3月、ブラゲのプレイは2015年春イヴェ(2015/04/28~2015/05/18)が最後なので、かれこれ1年半「艦これ」から離れている。その間なにがあったのか、ほとんどまったく知らないが、やはり見届けねばならないといういわれのない使命感に駆られ、見に行くことに。

劇場に入ると、予想通り男性客がほぼ100%。客入りに関しては、数人かと思っていたが、十数人程度。平日昼間にしては、意外に多いという印象。

上映が始まると、まずはつかみの艦隊戦。お約束ではあるが、劇場版クウォリティの映像、そこに劇場ならではの音響があいまって、かなりの迫力でのっけから盛り上がる。TVでの鬱憤を晴らすかのようで、この部分だけでももう1回見に行きたいと思ったほど。

以下ストーリィはシリアスな展開。後半から終盤の展開に茶番臭はあるが、艦娘と深海棲艦の関係などについても回収し、如月の問題にも決着をつけた。「なぜ吹雪なのか」という点が判らなかったのは少し残念だが……。ま、TV版の負債を返済するお話だったな、というのが正直な感想。TVアニメを見て消化不良になってたり、激怒/落胆してたりした提督は見に行くことで溜飲を下げられる、かもしれない。

ただ、これTVでやれよ、というのはみんな思ったことだろう。よく言えばTV版の落とし前をつけました、ということだが、きちんとまとめられませんでしたってことだし。さらに、もし、万一、万が一、これがTV放映前から想定されていた流れだったとすると、あまりに不誠実というしかないが、さすがにそんなことはないと信じたい。

総評として、(TV版とセットで)見る価値はあった。ストーリィとしても、艦隊戦としても(しかし結局冒頭の夜戦が1番よかったな……)。結局なんのかの言いつつ「艦これ」のファンなんだよね。ただ……次アニメ化することがあるなら、もー1度設定を練りなおして一からやってみてもらいたいとは思う(笑)。

P.S.
今回こそわが嫁艦である長門の勇姿が見られるかと思ったが……無念。

2016-11-26のニュース

2016-11-17のニュース

2016-11-10のニュース

2016-11-02のニュース

2016-10-31のニュース