2015-03-31のニュース

2015-03-30のニュース

『オービタル・クラウド』藤井太洋(早川書房)読了

秀作SF。センス・オブ・ワンダーを強く感じさせるというよりはギミックで力押しするタイプの。

骨子となるギミックの中で個人的にちょっと拍子抜けしたのは、テザーの素材。技術的背景がしっかりしてる(少なくともそう見える)分、後半になるまで言及がなかったのに、「それしかないよな」的なものだとすっと触れてあとはそのまま、というのは残念だった。

まあそれしかないけど、かといって目新しさもない。でも重要な素材、ということになれば、あんな感じになるのかなとは思うが。

とはいえ、テザー推進というアイディアは非常におもしろいし、興味を持って読めた。

コンピューター関連のテクノロジィについては、それは違うだろ、と言いたくなるほどの部分はなかったけど(気になったところはあった)、重厚さが感じられなかった(これは作者の知識の問題というよりもストーリィとの一体感の問題かも)。ということは、知らない分野もその筋の人から見るとそうなのかもしれない。

ストーリィ的には正直「えっ」という部分は結構あった。このあたりが解消されるともっと没入できると思うんだが。

とまあいろいろ書いたけど、これだけのものを完成させるのはすごい。筆者のほかの作品も読んでみたいし、今後にも期待したい。

2015-03-27のニュース

2015-03-25のニュース

2015-03-23のニュース

2015-03-21のニュース


『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 9』裕時悠示(SBクリエイティブ)読了

前巻ラストでの驚きから順当な展開。そして今回のラストでもまた少しひねったことがあり、続きが楽しみだ。

とにかく有耶無耶に終わらせないよう願いたい。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる9 (GA文庫)

  • 発売日:2015-03-12
  • カテゴリ:Kindle版

『艦隊これくしょん -艦これ- 鶴翼の絆 2~4』内田弘樹(KADOKAWA/富士見書房)読了

ブラウザゲイム『艦これ』のイヴェントをもとにしているとあって、参加した提督にとっては、さまざま思い入れを感じることができる。

ただ艦娘の「過去の祖国が正しかったのか間違ってたのかは判らんが――云々」という心理描写があるたびに冷めてしまうのが残念なところ。史実とリンクさせ、かつマイルドに受け入れられるような記述としてそういう妥協点になるのは理解できるんだが、冷めるものは冷める。

とはいえ、艦娘としての戦術や戦闘描写もこなれてきてアツい展開も楽しめるので、続刊を楽しみにしたい。

艦隊これくしょん -艦これ- 鶴翼の絆 (2) (富士見ファンタジア文庫)

  • 著者/訳者:内田 弘樹
  • 出版社:KADOKAWA/富士見書房( 2014-06-20 )
  • 文庫:349 ページ
  • ISBN-10 : 4040702107
  • ISBN-13 : 9784040702100

艦隊これくしょん -艦これ- 鶴翼の絆 (3) (富士見ファンタジア文庫)

  • 著者/訳者:内田 弘樹
  • 出版社:KADOKAWA/富士見書房( 2014-10-18 )
  • 文庫:260 ページ
  • ISBN-10 : 404070360X
  • ISBN-13 : 9784040703602